SHIZUDE - 静岡デザイン専門学校

3月1日に解禁になった就職活動

まもなく卒業年次を迎えるシズデの学生たちももちろん動き出しています。

今日はその取り組みの一部をご紹介いたします!

 

入社試験で一番多いのは面接。中には5回、6回と行う企業様も。

シズデでは毎年、面接試験に備えた『模擬面接・ディスカッション』を学科をまたいで行っています。

普段から就職活動に向けた授業を展開している学生たち。日頃の勉強の成果を発揮しました。

それぞれの長所、短所を先生に評価していただき、実践に備えます。

 

また、先日の『校内企業ガイダンス』では、2日間にわたり各業界から多数の企業様にご来校いただき、学生たちは積極的に着席し話を聞いていました。

中には卒業生がブースに座った企業様も!

こうしてシズデに帰ってきてくれるのはとてもうれしいことですね☆

 

また、デザイン系の就職活動に欠かせないポートフォリオ(作品集)を企業の方に評価していただく『ポートフォリオセッション』も行われました。

こちらも多数の企業様、そして業界のプロである講師の先生方に評価をしていただき、中にはその場で会社見学のお誘いを受けた学生も!シズデには色々なチャンスがあるんですね。

 

 

本格化する就職活動。春休み期間中には各企業様にインターンシップに行く学生も大勢います。

これから内定の報告が続々届くことでしょう!

業界の仲間入りを目指して。学生たちの就職活動はまだまだ始まったばかりです!

 

2月2,3,4日 グランシップで行われた卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫

最終日となる4日には1F・中ホールにおいてファッションビジネス科、フラワーデザイン科、ブライダル・ビューティー科、ファッションデザイン科の4学科による盛大なショーが行われました。

 

ファッションビジネス科

スタイリングショー『SHAPE OF PEACE』

いろいろな人、いろいろな生き方。そして、いろいろな服。それぞれの幸せと平和のカタチとは、ファッションとは何かを見つめなおす大きなテーマに挑戦しました。

 

また、この日限りで復活したセレクトショップ『KORETARA KITEKURE』も大盛況!

当日の朝にはオープン待ちのお客様も現れ、完売商品が続出しました。

 

フラワーデザイン科

フラワーショー『豪華絢爛』

和太鼓のリズムに合わせ、10分間で9基の土台に同時にアレンジメントをするフラワーショー。

和を表現する赤と金が、舞台上で文字通り豪華絢爛に輝きました。

 

ブライダル・ビューティー科

ヘアメイクショー『Collection』

舞台上で施術をするデモンストレーションにお客様はくぎ付け!2年間で培った高いメイクアップ技術をいかんなく発揮しました。

 

ファッションデザイン科

ファッションショー『念い』

様々な感情、願望、こだわり…一人一人の強い「念い(おもい)」を衣装で表現しました。

パターン、素材、縫製まで、3年間学んだ知識と技術が作品に結集しました。

 

2回公演、用意した約800席はどちらも満席!ご家族、在校生のほか、卒業生や企業関係者も多数ご来場いただき、急遽、2階席を開放するなど異例の対応となりました。

 

また、当日の映像を制作・担当したのはグラフィックデザイン科2年生 デジタルデザインコースの学生たち。

ステージの印象を左右する映像。初めて触るプロの機器の操作に四苦八苦しながらも、見事大役を果たしました。

 

そのほか、会場の誘導や6Fのカフェコーナーなどでも在校生が活躍。

先輩の背中を見て、未来の自分たちの姿を思い描きました。

 

いよいよ別れの季節。明日3月9日は卒業式です。

この素晴らしい経験を糧に、社会に向かって大きく羽ばたいてください!

 

 

2月2,3,4日 グランシップで行われた卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫

3日、4日にかけてオープンした6階・交流ホールでは、フラワーデザイン科ブライダル・ビューティー科の展示が行われました。

 

フラワーデザイン科は土台となる造形物からデザインし、大きな作品を一人ひとつ制作しました。

公開の全日、搬入した土台に花を生けることで、作品に命が宿ります。

2年間の集大成として完成した作品に、お客様は一点ずつ足を止めて見入っていました。

 

ブライダル・ビューティー科は作品展示とタッチアップサービス、デモンストレーションを実施。

見て聞いて肌で感じられる展示は、学生たちの濃い学びを余すことなく見ることのできるものでした。

 

また、会場の外ではフラワーデザイン科1年生によるフラワーショップも開店!

人気のハーバリウムは完売したほか、お客様のオーダーに応じてのアレンジメント作りなども行い盛況でした。

 

次回は1F・中ホールで行われたショーの様子をお届けします☆お楽しみに!

 

 

フラワーデザイン科が1年で一番燃えると言っても過言ではないイベント、それが

校内アレンジメントコンテスト です!

全員が同じ花材・資材を使用し、時間内に作品を作り上げ、その完成度やデザイン力を競う競技です。

今年も熱い戦いが繰り広げられました!

今年はチキンネット和紙など、特徴的な資材を使用したコンテストになりました。

時間内に作品を完成させることはもちろん、花器や資材の使い切りも評価の大きなポイント。

自分の感性と技術を信じて、競技に臨みます。

 

 

審査にはアレンジメントの指導をしてくださっている増田生花店代表・増田先生をはじめ、造形の授業を担当している安冨先生などに入っていただき、様々な角度から作品を評価します。

審査の結果、今年は5名の入賞者が決定しました。

それではここで、入賞者と作品をご紹介します!

 

5位 小林 颯生(静岡県富士見高卒)

 

4位 三本木 涼(清水国際高卒)

 

3位 杉山 夢加(静岡商業高卒)

 

2位 渡邊 葵

 

1位 井草 亜希(田方農業高卒)

 

どれも創造力豊かで技術の光る作品となりました!

 

2月2日(金)、3日(土)、4日(日)にグランシップで行われる卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫では、

フラワーショー(4日のみ)のほかに、大型作品の展示(3日、4日)も行われます。

この経験、そして悔しさをバネにまた一つも二つもレベルアップした作品を見られることでしょう!

みなさん、お疲れ様でした!そして作品制作、がんばってね!

 

 

☆フラワーデザイン科Twitterはこちら

https://twitter.com/shizude_flower

☆卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫についてはこちら

デザイン ア・ラ・モード2018 卒業制作展の開催

フラワーデザイン科では園芸の授業も2年間を通してみっちりと授業が入っています。

1年生では植物や病害虫に関する基礎的な知識から、寄せ植えの制作や花壇の植え替えなどを幅広く実践的に学びます。

そう、シズデの前にある花壇もフラワーデザイン科の学生たちがデザイン、植え替えをしているんですよ♪

 

2年生に上がると、講師である設楽先生が経営する園芸店 興農園さん(HP)へと出かけ、より実践的な授業へと発展していきます。

staffがお邪魔したこの日は、冬の鉢物の定番 シクラメン・ポインセチア・クリスマスローズ についての講義と

お店のメインストリート脇の花壇の植え替えを行っていました。

なんと、お店にある商品は自由に使っていいとのこと!

学生たちはたくさんある商品の中で考え、デザインし、植物を選んでいきます。

 

授業の中では、寄せ植えを作って実際に店頭に置いて販売する実習も。

売れる商品を作るために学生たちは試行錯誤します。

 

店頭で即戦力になるための授業を様々な角度から行うフラワーデザイン科

卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫では大きな造形作品とフラワーショーで、その学びの成果をご覧いただけます。

 

2/2(金),3(土),4(日) グランシップで会いましょう!

 

★フラワーデザイン科Twitterはこちら

https://twitter.com/shizude_flower

☆卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫についてはこちら

デザイン ア・ラ・モード2018 卒業制作展の開催

シズデの秋の風物詩、ボウリング大会が行われました!

夏の球技大会に続き、仮装にも注目のシズデのボウリング大会。

ダイジェストでその模様をお届けします♪

 

https://twitter.com/sizude1923/status/930620977888632832

ファッションデザイン科はさすがの手作り衣装で参戦!

 

なんとも絶妙な体育の先生!?や・・・

見たことある某先輩・・・

こちらも見たことのある探される人・・・

超絶怒涛のプロダクトデザイン女子はお揃いの手作りTシャツ&手ぬぐいで挑みました!

 

ブライダル・ビューティー科はさすが!女子力の高さが目立ちました☆

 

そのほかにも、なんともリアル!?なインテリアオタク女子や

こちらもリアルかつハイクオリティなもふもふなキャラクターまで!

 

https://twitter.com/shizude_graphic/status/930643853782040576

ボウリングのスコア上位者のほかにも、優秀な!?仮装をしたチームには『ベストドレッサー賞』が贈られました☆

卒業年次生にとっては最後の校内レクリエーション。ここから一気に卒業制作展まで駆け抜けます!

みなさんお疲れさまでした!

 

 

フラワーデザイン科2年生による、造形物と花を組み合わせて校内を彩る『造形と花』の授業が行われました。

花と同居する造形物のデザイン・制作から行う、シズデならではの名物授業です。

今年のテーマは『動物と抽象』

実際に日本平動物園で動物を観察し、デザインに落とし込みました。

校内1階エントランス、ギャラリー、階段吹き抜けなど6か所にはそれぞれ、

フラミンゴ・コンドル・タンチョウヅル・コウモリ・ゾウ・ミーアキャット

の動物から着想を得た作品が展示されています。

展示は10月23日(月)ころまで。

校内への見学は自由となっておりますので、ぜひご覧ください。

 

フラワーデザイン科2年生

造形と花〜動物と抽象〜

会場:静岡デザイン専門学校

入場無料

期間:10/23(月)ころまで

※21日(土)は午前中開校、22日(日)は閉校

☆フラワーデザイン科Twitterはこちら

 

リニューアルオープンをした静岡駅ビル「パルシェ

もうお出かけになりましたか?

先月、そのオープニングイベントとして、静岡市から依頼を受けたフラワーデザイン科1年生が

静岡産のバラ約550本を使ったオブジェを制作しました!

ドレスをかたどったオブジェは、インスタ映えするフォトスポットとして利用できるような仕掛けに。

初めての大型作品制作ということで、クラス全員で力を合わせて制作しました!

 

オープン前日はパルシェ様の裏側の一角をお借りして、全員で花を挿す作業を行いました。

静岡市より提供いただいたバラは、数種類の品種の違うものとのこと。

1本1本長さをそろえ、蓋つきの試験管のような道具に挿していきます。

途中、何度もバランスを確認しながら…

全員で力を合わせて完成させました!

 

完成したオブジェは9月16日,17日の2日間、パルシェ5Fいこいの広場にて展示され、多くの方に楽しんでいただきました。

また、新聞各社に取り上げていただきました。プレスリリースはこちら(静岡新聞朝日新聞)

 

★フラワーデザイン科Twitterはこちら

8月末、シズデ内にあるホールにて、フラワーデザイン科講師 増田博先生によるフラワーショーが行われました!

ショー当日は平日にも関わらず、在校生・卒業生・一般の方でホールはほぼ満席に!多くの方にご来場いただきました。

楽しいおしゃべりと共に、2時間で11作品を作り上げていきました。今日はその作品を一部ご紹介!

ショーの開幕は花束。これは10分足らずで完成!束ねる手さばきが素晴らしかったです!

トレンドのグリーンブーケも♪

大型の作品、テーブルコーディネートは

キャンドルを灯すとまた違った表情に♡

ラストを飾ったのは『花結い』

モデルさんの頭に花を挿していきます。

エレガントで、少しミステリアスな雰囲気…☆

見学をした在校生たち、普段授業で作る基礎のアレンジとはまた違った、様々な形の作品に刺激を受けたことでしょう!

今後のフラワーショップ実習卒業制作展にもご期待ください!

 

★シズデのInstagramで今回のフラワーショーの作品を一挙公開!⇒こちら

☆フラワーデザイン科のTwitterでは日々の授業の様子などを発信中!⇒こちら

 

 

先日お届けしました、ブライダル・ビューティー科模擬ブライダル

実は、もうひとつの学科が裏で動いていました。

それは、会場のブライダルフラワーを担当したフラワーデザイン科

ブライダル・ビューティー科からの注文をもとに、会場の装飾やブーケなど、式に関わるフラワーの全てをプロデュース!

 

式の前日、教室ではその仕込みに取り掛かっていました。

ブライダルフラワーは当日、会場で花を生けることはほとんどないのだそう。週の中ごろからこうして作りおき、週末に各会場へと運び設置するのがプロの仕事。週末に仕事が集中するからこその技ですね。

年間300件のブライダルフラワーを手掛ける増田生花店・増田先生の指導のもと、和婚のテーマに合わせた装飾をいくつも作り上げていきます。

一番の大物である高砂席はフラワー男子・三本木くん(清水国際高卒)が担当☆かっこいいですね!

 

ブーケやテーブルコーディネートだけでなく、ケーキの周りに散らせるお花や花嫁さんのヘッドアクセサリーまで!

それぞれに適した準備をしていきます。

 

そして式当日!

ブライダル・ビューティー科の学生たちと同じように、会場の準備に取り掛かります。

ヘッドアクセサリーもここに♪

あの達磨ケーキにも、文字通り花を添えました☆

結婚式、何気なく風景に溶け込んでいるブライダルフラワーですが、そこにもしっかりとフローリストの手が加わっていることを改めて実感しました!

 

☆フラワーデザイン科のTwitterでは日々の授業や作品を発信中!→こちら