SHIZUDE - 静岡デザイン専門学校

卒業制作展《デザイン ア・ラ・モード2018》開催報告①

2018年2月22日

2月2,3,4日 グランシップで行われた卒業制作展≪デザイン ア・ラ・モード2018≫は大盛況のうちに閉幕しました。

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました!

今年は会期中の来場者数が3000人を記録。

学生の家族や後輩たちはもちろんのこと、卒業生や中高生、関係企業各社様にも多数ご来場頂きました。

今日はその様子を少しだけご紹介します☆

 

グラフィックデザイン科

イラスト、写真、映像、立体と様々な角度からコミュニケーションデザインを制作。

展示手法も凝らし、大変見ごたえのある展示でした。

 

プロダクトデザイン科

 

素材研究、雑貨、照明、玩具など、様々な角度からテーマであるLEADING DESIGN(次世代へのデザイン)を提案。

説明する学生の熱心なこと!聞き入るお客様が多く、ブースはどこも大混雑でした。

 

インテリアデザイン科

こちらも大型模型を制作し、見ごたえのある展示に。

ただ内装や建物をデザインするだけでなく、その先で起こる「コト」までをデザインするのがインテリアデザイン。説明ボードでは伝わり切らない部分まで細かに説明する学生たちに大人の方々はとても感心していました。

また、今回はプロダクトデザイン科・インテリアデザイン科の後輩、2年生によるオープニングスペースも登場。

入ってすぐ目に入る「壁にぶち当たる先輩の背中」を表現したオブジェはインパクト抜群でした。

 

・・・と、今日はここまで!

シズデの7学科は一度に紹介しきれません!次回の更新をお楽しみに!